« 7.14名古屋高裁に全力で支援を | トップページ | 〇○○でもわかる物価偽装 »

2023年10月14日 (土)

社会保障審議会へ意見書

地域と協同の研究センターの研究員として日常生活支援総合事業の調査を行いました。
調査結果は昨年立憲の早稲田先生が国会で使ってくれ、基本方針案にも調査を行うことが加筆されました。
このほど「研究書」を書き上げました。
社会保障審議会委員や名古屋市の委員に送付しました。
各自治体でも今後来年度からの計画が具体化されると思います。
参考にしていただければ幸いです。
全文は以下から

ダウンロード - e7a094e7a9b6e5a0b1e5918ae69bb8231010.pdf

 

 

391681242_6781779071899891_5655739500419

日常生活支援総合事業訪問型サービスの現状と今後の課題

[1]介護予防・日常生活支援総合事業

[2]総合事業「生活支援」の目的

[3]「総合事業」には費用の「上限」

[4]さらなる引き下げのうごき

[5]総合事業に関する調査

[6]訪問型サービスA利用者調査

[7]名古屋市による実態調査
[8]全国介護事業所調査 実践女子大 山上純佳

[9]減り続ける名古屋市の日常生活支援総合事業

[10]国による総合事業への移管のうごき

[11]第9期介護保険計画と自治体の総合事業計画に向けて



|

« 7.14名古屋高裁に全力で支援を | トップページ | 〇○○でもわかる物価偽装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7.14名古屋高裁に全力で支援を | トップページ | 〇○○でもわかる物価偽装 »