2018年9月 7日 (金)

消防庁が認めるか?木造名古屋城天守

2018年7月19日に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第12回)で傍聴者に配付されなかった資料です。
記者クラブへの情報提供資料のなかで防火・避難に関するものです。
火事が発生した場合に「史実に忠実」な木造ですので床にも壁も耐火構造になっていません。丸焼けになってしまいます。
果たしてこんな6階建て木造建物に2,500人も入れることを消防庁が認めるでしょうか。
(マスコミ記者は誰も質問しなかったのでしょうか?)

20180907_15_4

20180907_1535_4

階段は二方向にしますが、下からの煙を防ぐのは木の板。(燃えたらどうする!)

20180907_15_3_3

20180907_15_2_3

周辺の煙は窓から自然排気するそうですが、中央部分で煙でたら行き場がありません。

20180907_15363_2

20180907_1536_3

しかも致命的なのは小天守にぬける地下通路は一本だけ。ここで火災が起きたら外に出られない。今は外付けのEVがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

名古屋市が説明会

「寸分違わぬ木造化」Photo


耐震工事をしても「40年しかもたない」というウソを書いて集めたアンケートで「市民の60%が木造化を支持している」という河村市長。
竹中工務店のエレベーター、耐震壁・構造壁・床を備えた案が「ハイテク木造」と指摘されたことに慌てたのか年末にきゅうきょ「エレベーターはつけん!」と言い出しました。
しかし、すでに1月には市民説明会とパブコメ募集が始まり、予算では2月末には基本設計を完成させることになっています。
特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)について

 

パブコメを出しましょう
河村市長は寸分違わぬ「木造化」と言っていますが、現代建築には様々な法律で規制があります。400年前の木造で果たして観光客が安全に入れるのでしょうか。(p209)

3
また、1日数千人の観光客が予想される中、このような方法でバリアフリー法を満たすことができるのでしょうか?

2

耐震工事を行えば、最上階までエレベーターをつけられますし、工期もぐっと短くなります。(p206)
なにより、戦後の名古屋市民が寄付金を呼びかけて「二度と戦争の惨禍にあわせない」平和のシンボルとしての名古屋城天守を残すことができます。

1

特別史跡として本質的価値を有する石垣の健全状況を維持することも可能です。
(p202)
河村市長の殿様趣味で戦後市民の復興遺産である名古屋城天守を取り壊してはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

コンクリートは40年しか持たない??

河村市長が「市長命令」でごり押しする名古屋城天守木造化が混迷を深めています。もともと耐震化と文化財である石垣の補修が決められていたのに、それを強引に変更しようとしたことが原因です。
今は石垣部会と天守閣部会の対立に加え、エレベーターが問題になっていますがこれは障がい者だけでなく、お年寄りやベビーカーの方も必要です。市長は18日の記者会見で何の根拠もなく「ホームエレベーターは危険」とか「四、五年で最新技術ができる」と発言。マスコミもあきれて報道すらしません。
「ホームエレベーターは実は大変危険ですからね」(2017/12/18)

40年しかもたない」のウソ
ハートビル法以外にも、消防法、建築基準法でも「寸分違わぬ木造」では観光客が中にはいれません。
そもそも市長や議会が鵜呑みにしている市民アンケートにウソがあります。名古屋市は「耐震改修ても40年しかもたない」と言って市民と議会を騙しました。その調査票です。皆さんよく見てください。今では長寿命化により100年を超える鉄筋コンクリート建築がいくらでもあります。
25591685_1971578479833094_330916735
 。2020年までに建て替えるというアンケートの前提がすでに崩れています。 オレオレ詐欺のようなやり方は断じて容認できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

部活や成績で選考?!名古屋市の奨学金

名古屋市が新設した高校生への給付制奨学金。とても良い制度だと歓迎されていましたが、ここにも「成績評価」さらには「部活」評価までいれて競争させる仕組みになっています。
対象者約2000人のうち支給人数が1000人と約半数に限られているために各学校で順位をつけなければなしません。
生活が苦しくてアルバイトをせざるを得ない高校生に部活まで評価の対象にするなんて。河村市長のやることは許せん!!

1

2


現場の先生からはこんな声が
「1年生の9~10月の段階では推薦項目を選ぶのが難しい」
「順位付けは結局は成績順になってしまう」
「(支給額を少なくしてでも対象者)全員に支給するようにしてほしい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

壊すな!名古屋城天守 名古屋城シンポ

壊すな!名古屋城天守 名古屋城を「戦後復興のシンボル」に。名古屋城シンポが23日開催され、建築関係者を含む市民70名が参加し、専門家の説明を聞きました。
「天守閣への思い 名古屋城天守閣建替えに反対します」上映
 空襲で焼失した名古屋城を再建するために不足する資金2億円を市民が寄付で集めました。外観は焼失前とそっくり、当時の最新技術を導入して二度と燃えない鉄筋コンクリートで再建し、内部には焼失前がわかる展示と市内を一望できる展望室が設けられました。
専門家の報告 
一級建築士の高橋さんは①国宝名古屋城の伝統木造復元、②観光で儲けるハイテク木造、③現天守の耐震改修・博物館刷新の3案を示し河村市長の「寸分違わぬ国宝名古屋城」は建築基準法により観光客が入れないことを説明。建築基準法の「適用除外」を受けるにしても燃える6階建てに観光客を入れるためには焼失前の天守にはなかった耐震・耐火の壁と床を張り巡らし、火災時にフラッシュバックするまでに500人もの観光客が逃げられる避難路やEVの設置が必要なことを説明。
石垣部会の赤羽さんは名古屋城石垣の歴史的価値を説明したのち、現在の石垣の危機的状況とその保存、修復にむけてどのような検討がされているか説明。そのうえで「歴史の証拠としての本質的価値の保全が最優先であり、天守台石垣の保存と、堀・土塁・石垣の復元を優先すべきと訴えました。
会場からも活発な質疑
一ヶ月もないお知らせ期間でしたが、会場には70名の市民が参加。記者も5人が取材にきました。
参加者のなかには建築関係者も多く、「現天守も構造計算は当時の最新知識で作られたもの」「木造は接合点構造となり、木造のほうが強いというのは本当か」「ハイテク木造は外材をたくさん使用することになる」などの意見が相次ぎ、「これで文化庁が国宝名古屋城の復元と認めるか」と指摘されました。
初めての市民シンポ
シンポに先立ち24日名古屋市議会で「名古屋城の石垣及び天守の保存を求める請願」の審査が行われました。しかし、議会は「すでに議論済み」と賛成多数で審議を打ち切りました。
しかし会場からは「タウンミーティングでは聞けなかったこと、初めて聞くことばかり」「市民の寄付で再建されたことも知らなかった」「EVがはずかしいなどというのは小学生並みの発想」などの声が相次ぎました。
市のアンケートでは「寸分たがわぬ国宝名古屋城」とされており、詳しい説明は全くされていません。新聞でも報道されないため、参加した市民は「初めてのこと」ばかりです。このシンポは市民に実態を知らせていくスタートとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

第三回お城ミーティング

19990165_1060881924047926_436343111

河村市長が「寸分たがわぬ国宝名古屋城天守の復元」といって設計、寄付金集めをはじめました。それは一番左の絵。市民の多くはこれが建つと思っているのではないでしょうか。

しかし建てることはできますが人は入ることができません。建築基準法では木造6階建ては違法だからです。最低限の防火、避難設備、車いす用の4人乗りエレベーターをつけますが、これでは多くの観光客ははいれません。
名古屋市はさらに耐震の構造壁やガラスで囲んだ避難用階段などをつけたうえで「建築基準法適用除外」を申請するようです。実際に進められているのは近代建築です。見かけは焼失前の名古屋城ですが、中は木目調の壁で仕切られています。

19990214_1058323330970452_808534281

燃えてはいけない
しかし、竹中案でも耐震性が不足していると指摘されています。そしてなにより不特定多数の人が入る建物は燃えてはいけません。また、何らかの原因で火災が発生したとしても全員が逃げ切るまで燃え広がらないような避難路や設備が必要になります。
ロンドン火災がそれを物語っています。

名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
今の天守は戦後市民が寄付金を集めて再興されました。そこには二度と戦禍で燃えることのないようにという平和の願いが込められています。外には避難階段もついていますが、外観は燃える前の姿そのものです。(一番右)
名古屋市は「耐震改修しても40年の寿命」と言って市民アンケートを行いましたが、木造のほうが長持ちするという根拠は不明です。現に市役所は戦前に建てられ、耐震工事を行い今でも使われています。

名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
第三回お城ミーティング
7月24日(月)14時~労働会館本館小会議室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

嘘のアンケートで天守閣木造化許すな

「鉄筋コンクリートでは40年しかもたないが、木造化すれば400年もつ」
こんな嘘で市民アンケートを行い「木造化がエエぞ」という意見が多いという。
しかし、名古屋市役所も鉄筋で80年もたっており全くのうそ。また耐震基準も防火対策も、バリアフリー化のエレベータも必要で実際には建築基準法で昔ながらの木造化はできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

名古屋城は市民による戦後復興のシンボル

河村市長は自分が殿様になりたいのか、500億円もかけて名古屋城の天守閣をつくるのに執着しています。
いっぽう、名古屋城は市民のお金で再興させたものだから壊してはいけないと声がでています。

 天守は壊してはいけません。戦火で焼け野原になって12年、ものづくり名古屋の復興のシンボルです。先の大戦では、300万人もの日本人がなくなりました。生き残った名古屋市民はガムシャラに働き、天守閣復興の寄付を喜んでしたのでした。2億円もの大金が集まりました。大阪城天守閣(S.6年)はコンクリート製であり延焼を免れたことから、二度と燃えないコンクリートとし、忠実な外観復元がされました。
「お殿様気分で、名古屋を展望しよう」と、親父は5歳の私の手をとり、祖父母を案内しました。当時はエレベータがまだ珍しく、石張りのエレベータホールも親父の自慢でした。戦死した親父の兄にも見せたかったと祖母が呟きました。戦争の記憶は、広島の原爆ドームだけでなく日本中にあります。外装修理、耐震補強にともなう内装改修をしても、私たちの世代で戦後復興のシンボルを風化させてはいけません。
こんなビデオもありました。
これを取り壊す「新ゴジラ」は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

学校給食民営化やめよ 名古屋河村市長へ

20160220_20_52_42_2なんでもラーメン屋のおやじとしか比べられん、名古屋の河村市長。今度は学校給食も民営化を発表した。民間の方が競争するので安く、品質も良くなるとう。しかし、それは中小事業者に対しては役所が一方的に請負単価を引き下げる事ができるに過ぎない。
一方で、基地とかオリンピックスタジアムになるとどれだけでも吊り上げられる。巨利に目をつぶり、中小には厳しい民間活用。犠牲は住民に

12745994_966310266780163_5293277855

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

順子さん当選!頑張ります!

12日投開票の愛知県会議員選挙、名古屋市会議員選挙で日本共産党は県議2議席を奪還し、市議では史上最高の12議席を獲得しました。守山区では順子さんが4位で当選、市会に返り咲きました。応援いただいたみなさん、たいへんありがとうございました。

1504112安倍首相が今国会を一ヶ月以上延期してでも戦争立法を成立させようとしています。市議選では「若者を戦場におくるな」「守山自衛隊を戦地に送らない」と訴えました。

11133794_1720420151518348_7537227_2
選挙中も自衛隊の訓練がとても多く、事務所の前を装甲車や特殊車両が連日列をなして通過。住宅での演説中に着陸の轟音で中断されることもしばしばでした。

公約の実現に全力

小中学校の給食費無料化、子どもの医療費無料化を18歳まで、75歳以上のお年寄り医療費無料化に取り組みます。高すぎる国保料の引き下げ、今年も大幅に値上げされた介護保険料の引き下げをめざします。

地下鉄駅のない守山区でJR・名鉄で敬老パスが使えるように取り組みを進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧