2017年7月16日 (日)

第三回お城ミーティング

19990165_1060881924047926_436343111

河村市長が「寸分たがわぬ国宝名古屋城天守の復元」といって設計、寄付金集めをはじめました。それは一番左の絵。市民の多くはこれが建つと思っているのではないでしょうか。

しかし建てることはできますが人は入ることができません。建築基準法では木造6階建ては違法だからです。最低限の防火、避難設備、車いす用の4人乗りエレベーターをつけますが、これでは多くの観光客ははいれません。
名古屋市はさらに耐震の構造壁やガラスで囲んだ避難用階段などをつけたうえで「建築基準法適用除外」を申請するようです。実際に進められているのは近代建築です。見かけは焼失前の名古屋城ですが、中は木目調の壁で仕切られています。

19990214_1058323330970452_808534281

燃えてはいけない
しかし、竹中案でも耐震性が不足していると指摘されています。そしてなにより不特定多数の人が入る建物は燃えてはいけません。また、何らかの原因で火災が発生したとしても全員が逃げ切るまで燃え広がらないような避難路や設備が必要になります。
ロンドン火災がそれを物語っています。

名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
今の天守は戦後市民が寄付金を集めて再興されました。そこには二度と戦禍で燃えることのないようにという平和の願いが込められています。外には避難階段もついていますが、外観は燃える前の姿そのものです。(一番右)
名古屋市は「耐震改修しても40年の寿命」と言って市民アンケートを行いましたが、木造のほうが長持ちするという根拠は不明です。現に市役所は戦前に建てられ、耐震工事を行い今でも使われています。

名古屋城天守を「戦後復興市民のシンボル」に
第三回お城ミーティング
7月24日(月)14時~労働会館本館小会議室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

嘘のアンケートで天守閣木造化許すな

「鉄筋コンクリートでは40年しかもたないが、木造化すれば400年もつ」
こんな嘘で市民アンケートを行い「木造化がエエぞ」という意見が多いという。
しかし、名古屋市役所も鉄筋で80年もたっており全くのうそ。また耐震基準も防火対策も、バリアフリー化のエレベータも必要で実際には建築基準法で昔ながらの木造化はできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

名古屋城は市民による戦後復興のシンボル

河村市長は自分が殿様になりたいのか、500億円もかけて名古屋城の天守閣をつくるのに執着しています。
いっぽう、名古屋城は市民のお金で再興させたものだから壊してはいけないと声がでています。

 天守は壊してはいけません。戦火で焼け野原になって12年、ものづくり名古屋の復興のシンボルです。先の大戦では、300万人もの日本人がなくなりました。生き残った名古屋市民はガムシャラに働き、天守閣復興の寄付を喜んでしたのでした。2億円もの大金が集まりました。大阪城天守閣(S.6年)はコンクリート製であり延焼を免れたことから、二度と燃えないコンクリートとし、忠実な外観復元がされました。
「お殿様気分で、名古屋を展望しよう」と、親父は5歳の私の手をとり、祖父母を案内しました。当時はエレベータがまだ珍しく、石張りのエレベータホールも親父の自慢でした。戦死した親父の兄にも見せたかったと祖母が呟きました。戦争の記憶は、広島の原爆ドームだけでなく日本中にあります。外装修理、耐震補強にともなう内装改修をしても、私たちの世代で戦後復興のシンボルを風化させてはいけません。
こんなビデオもありました。
これを取り壊す「新ゴジラ」は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

学校給食民営化やめよ 名古屋河村市長へ

20160220_20_52_42_2なんでもラーメン屋のおやじとしか比べられん、名古屋の河村市長。今度は学校給食も民営化を発表した。民間の方が競争するので安く、品質も良くなるとう。しかし、それは中小事業者に対しては役所が一方的に請負単価を引き下げる事ができるに過ぎない。
一方で、基地とかオリンピックスタジアムになるとどれだけでも吊り上げられる。巨利に目をつぶり、中小には厳しい民間活用。犠牲は住民に

12745994_966310266780163_5293277855

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

順子さん当選!頑張ります!

12日投開票の愛知県会議員選挙、名古屋市会議員選挙で日本共産党は県議2議席を奪還し、市議では史上最高の12議席を獲得しました。守山区では順子さんが4位で当選、市会に返り咲きました。応援いただいたみなさん、たいへんありがとうございました。

1504112安倍首相が今国会を一ヶ月以上延期してでも戦争立法を成立させようとしています。市議選では「若者を戦場におくるな」「守山自衛隊を戦地に送らない」と訴えました。

11133794_1720420151518348_7537227_2
選挙中も自衛隊の訓練がとても多く、事務所の前を装甲車や特殊車両が連日列をなして通過。住宅での演説中に着陸の轟音で中断されることもしばしばでした。

公約の実現に全力

小中学校の給食費無料化、子どもの医療費無料化を18歳まで、75歳以上のお年寄り医療費無料化に取り組みます。高すぎる国保料の引き下げ、今年も大幅に値上げされた介護保険料の引き下げをめざします。

地下鉄駅のない守山区でJR・名鉄で敬老パスが使えるように取り組みを進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

待機児童数のごまかしはダメ

Chu1503272名古屋の河村市長は「待機児童ゼロ」を自慢するが、実際には待機児童数のカウント方法は「自治体により判断に差」がある。

国は「保育所に入所できず育休を延長した場合、『待機児童数に含めないことができる』という表現」(中日3/27)としており、名古屋市もこれらを除いている。

また、入所できた場合でも希望の園に入れず、車で30分もかかる園を指定されることもある。これでも「待機児童」にはカウントされないなどの事態も生まれている。

公立保育園つぶし

名古屋市がこういうカウントをする背景には公立保育園を次々と廃園にして、民間委託をひろげる動きがある。「女性の貧困」「子どもの貧困」が拡大するなかで生活困難家庭や虐待のおそれなどが増えている。これら「さまざまな困難を抱えた家庭」の子どもたちを受け入れているのが公立保育園だ。

「老朽化が目立つ公立保育所が民営化で新しくなると『園舎がきれいになってどこが悪いの』。そんな声にかき消され、目には見えない、長年培われた保育の先行きを心配する声は行政に届きにくい」(中日〃)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

くれまつ順子事務所開き

10291778_798298246914700_4060477963くれまつ順子事務所開きを行いました。県議候補の長畑千代子もいっしょです。

雨の中ですが80人もの参加で、盛大に行われました。県知事選をたたかった小松民子さんも応援に駆けつけてくれました。

守山区は減税の現職が1名立候補しない代わりに、民主の元職が減税で出たり、前回減税で出て落ちた候補がさらに別の党からでたりと、定数6に9人が立候補を予定する大混戦の模様です。

自民も民主も減税も政務調査費の使い方がデタラメです。県議はこのお金で海外視察の名前で一人130万円もの剛勇をしています。

順子さんは前回失った議席をかならず取り戻す決意を述べました。長畑さんは県知事選で小松さんが掲げた公約を実現するためにもかならず共産党の県議をと訴えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

公立保育園の役割増す

Img_0823河村市長のもとで名古屋市は公立保育園を民営化して118園を78園に減らす計画で毎年民営化が行われている。しかし「子どもの貧困」が深刻化する中で、公立保育園には児童相談所からの相談や、支援が必要な家庭は増えるばかり。公立保育園の果たす役割は逆に大きくなっている。

名古屋市職労組織部長の武藤貴子さんは「家庭も丸ごと受け入れ、支援するのが公立。予算も減らして、そういった役割を十分果たせるのか」と心配する。(中日1/31)Chu150130_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

14順子リーフ完成

河村親分は「減税の名前は捨ててもいい」と維新にすがったようですが、今朝も減税ナゴヤ市議の不祥事が紙面にでていました。その維新は結いとの合併で橋下氏が代表を外れるとかいう記事も出てました。もう終わりでしょう。

14junko1

昨年は急きょ補選が行われましたが、多くの応援をいただくことができました。本番にむけて準備がすすんでいます。新しい順子リーフをつくりました。ぜひ、守山区の知り合いにお渡しください。

14junko3

14junko2

リーフは下記からお申し込みください
日本共産党守山事務所
TEL 052-793-8894
FAX 052-793-7652

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

名古屋の小中学校に警察官OBを配置

Chu1404021昨日、名古屋市内の小中学校に警察官OBが配置された。その名も「スクールポリス」。市内11カ所に勤務して各ブロック内の「校内外の『見守り』や警察署との連携にあたる」(中日4/2)という。

聞くところによると河村市長が2月になって急に言いだしたらしい。市長は2月17日の定例記者会見で

「去年の夏、ロサンゼルスに行ってきまして、そこでどう言っていたかといいますと、日本のスクールカウンセラーとアメリカのスクールカウンセラーは名前はスクールカウンセラーだけど中身は全然違うんですわ、これ。びっくりしました。」

と言っているので、アメリカやイギリス、カナダで、学校に警察官が常駐し、いじめなどの問題に積極的に介入していく「School ResourceOfficer」をまねしたものだと思われる。

3月13日に名古屋市の教育子ども委員会の資料には
Photo

とあり、資格要件には「元警察官の方、本市の教育活動に理解があり、児童生徒、保護者及び学区地域の課題解決に取り組む姿勢のある方」とされている。

教育の場でこれがいいのか?

どうも目立ちやがり屋河村市長の思いつきのようで、教育の現場で十分な議論がされたとは思われない。まもなく子ども達が学校にくるわけだが、先生達はどう対応するのだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧