2009年9月10日 (木)

人権を守る人たちと

War ひょんなことからアムネスティの活動をしている津田秀一さんと一緒に映画会をやることになった。津田さんが友人から頼まれた「アメリカばんざい」の上映をやるといいうので、手伝うことになったのだが。たいへんエネルギッシュな方で、次々と実行委員を増やしている。

津田さんは小中陽太郎と小田実が代々木ゼミで講師をやっていたときのゼミ生でベ平連つながり。昨年まではアムネスティジャパンの理事をやっていた。そのつながりはもちろん、実行委員には実に多彩な方が参加している。

さらに、インターネットで格安航空券を手に入れ世界中を旅して回る。この5年で45カ国をまわるすごい人だ。昨年回ったネパールのことを「ネパールなんでもみてやろう」というhttp://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/dt?g=001008&bathr=%C4%C5%C5%C4%BD%A8%B0%ECで出版した。

さて肝心の映画「アメリカばんざい」、同時上映「イントレピッド4人」は

2009.9.26()18:00開演

【会場】ナゴヤボランティア・NPOセンター 

お話し 池住義憲(自衛隊イラク派兵差止訴訟の会代表・立教大学院教授)

解 説 小中陽太郎(作家・日本ペンクラブ理事・名古屋経済大学教授)

コーディネーター 津田秀一(アムネスティ・インターナショナル日本前理事)

チラシは

「stop_the_war.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

これって犯罪じゃ?

Photo 先週末の出来事です。

帰り道に金山の横断歩道の手前でずいぶん目立つ看板が電柱にぶら下がっていました。(写真)一目見て「なんじゃこりゃ」

「24時間受付!!クレジットカード現金化。ショッピング枠を有効活用。①当社指定用品をカードで購入②その場で当社にて買取・即現金お渡し。買取JUMP。0120-660-696。www.123jump.jp 」となっている。

これってどう考えても詐欺商法の看板じゃないか。こんなものがどうどうと貼ってあっていいの???

駅前の交番でこの写真を見せたが、どこにあるのか聞かれただけで、これだけでは問題とならないようでした。これだけでも犯罪にはならないのか?

今日、弁護士会館でみんなに見せたら「これはほう助か教唆だよね」という意見。どうなんでしょうか。

試しにHPも見ましたが工事中でした。後は電話をかけてみるか。

今日通ったらなくなっていました。警察がとったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

ロスジェネの浅尾君と

名古屋で東海労働弁護団の総会があり、記念シンポにロスジェネ編集長の浅尾君が講師できていました。

講演の内容はロスジェネやテレビや各紙にも紹介されているもので、とても現代的に重要なものでした。講演のあとの質疑でロスジェネ創刊号について赤旗新聞が共産党として特別に推薦しているわけではないと書いたことについて、筆坂氏が共産党を批判していることに質問した方がいました。浅尾君はロスジェネ誌の中でじぶんが共産党員であることを表明しています。

このことについての彼のコメントが、文学者らしくてとても良いものでした。うまく紹介できないのですが、紋切り型でなく、彼なりに日本共産党の言っている言論表現の自由を伝えたと思います。かれの文筆家としての表現力に感心しました。それに比べて筆坂氏は情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月23日 (木)

派遣切りの手口

トヨタ自動車下請けでの「派遣切り」がNHKで繰り返し報道されています。

西三河で出稼ぎ派遣を切られた労働者が名古屋に集まってきています。金山駅周辺のビルには派遣会社の事務所が多数あります。私たちが派遣法改正の宣伝を行っていたら、その後ろに「即日払い可」などと書いた派遣会社の車がきていて、宣伝が終わるのを待っていました。

愛労連の労働相談でも「派遣をやめさせられた」という相談が多くなっています。「やめさせられた」というのは、派遣会社から解雇されたのではないのです。いろんな理由をつけて、また自分から派遣先にいられなくなってまうことが多いのです。

派遣期間中に契約をきるとペナルティが大きいので、労働者が自分でいやになっていくように、ひどい扱いをするのです。だから「自分でやめた」「こんなところ行きたくない」と思わせればタダで事実上の解雇ができるのです。それでも雇用責任は派遣会社にあるので、派遣会社と争えばよいのですが、まともに対応してくれる派遣会社はめったにありません。

出稼ぎ派遣を切られてネットカフェへ。そのお金もなくなるとホームレスに。名古屋のホームレス支援施設は二カ所ともほぼ満室状態になっている。昨日じゅんこさんが施設の調査に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

若者も〝高くて払えないよ〟

お年寄りの医療制度や年金問題が社会問題になっていますが、いっぽう若者も深刻です。

私たち大人の時代にはなかった派遣社員。今の青年は二人に一人が非正規雇用です。その大半が年収200万以下ですが、雇用が不安定で社会保険に入れてもらえないことが少なくありません。年収が130万円以上あれば親の扶養にもならないので国保、国民年金に入らなければなりません。

名古屋市の場合で計算してみました。おおざっぱですが

所得税 45000円、住民税 90500円に加え、国保料が14万(月12,000)円)、国民年金が17万(月14,000)円です。ちなみに消費税は5%の8~10万円です

給料がボーナスなしで15~6万からこんな額が払えるわけがありません。

今日は年金者一揆です。

こんな悪政変えるため、頑張りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月13日 (月)

サブプライムと汚染米

世界的な金融危機が続いています。

先日、大木一訓先生のお話を聞いたときに先生が、「汚染米もサブプライムローンも同じだよ。小さく分けて混ぜてしまえばわからない」と言っていました。ほんとにそのとおりで、どこまで影響が広がるのかまだわかりません。

「金融ビッグバン」の名でアメリカの資本があちこちに広がり、証券や保険会社もどこがどうなっているのかわかりません。リーマンブラザーズ破綻と言われても、自分の保険・年金・退職金などにどう影響するのかわかりません。

お米もいつ頃からの分に不正があったのでしょうか。今日の赤旗新聞によれば、告発があったのに農水省がもみ消しを行っていたようです。汚染米も米流通の規制緩和で、ブローカーがたくさん介在するようになったことが背景にあります。

昨日のNHKはトヨタの減産で派遣社員が解雇され、ネットカフェやホームレスになっている実態を報道しました。名古屋の支援施設もいっぱいになっていました。これも労働法制の規制緩和で派遣法が改悪されたからです。労働者を使い捨てにする日雇い派遣・登録型派遣は絶対に禁止させる必要があります。

小泉首相以来のめちゃくちゃな規制緩和・競争主義はますます格差と貧困を拡大してきました。今度の選挙では「貧困問題に取り組まない政治家はいらない」(反貧困キャンペーン)と「9条改憲に賛成する議員はいらない」で、政治を転換したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

蟹工船対決

Photo 日曜日の中日新聞(8/24)に「蟹工船ブーム」についてヤンキー先生(自民党義家弘介)と共産党大門実紀史議員の意見が紙上対決していました。(←クリック)

大門さんは私と同じ52才。東京土建という労働組合の専従をしていましたので、派遣労働者の実態など知り尽くしています。日弁連などの意見や青年ユニオンなどの要求に応えた内容になっています。

一方、ヤンキー先生の方は記者の質問に全くはずれた「とんでも」回答ばかりだ。

(記者)「頑張っても、はい上がりにくい社会になったのでは。」

(義家)「そんなことは全くない。労働が苦しいなら、そうでない仕事に就くために、今手に入れられるものは何かを考えなければならない。抜本的に改革すべきは環境よりも本人の意志」

義家氏は不登校の子ども達を多数受け入れる北海道余市高校で活躍し、その後横浜市の教育委員、政府の教育再生会議担当室長に抜擢、07年から自民党参議院議員になっている。

「本当はこんなやつだったのか」というのが私の感想。「きっと自分は貧しい体験をしたことがないのよ」というのが愛労連の女性たちの感想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

非正規雇用・生活保護ホットライン

0132 昨日、全国一斉に非正規雇用・生活保護ホットライン(日弁連)が行われました。名古屋でも愛知県弁護士会が10時から深夜12時までのロングランで開催。若手を中心にたくさんの弁護士が参加しました。昼のNHKで紹介されると6本の電話は鳴りっぱなしに。ひとつ終わると一息つかぬうちに次の電話。なかには一人で1時間半もえんえんと話される方もおり、きっとかけている方はなかなか繋がらなかったのではないかと思います。

愛労連にも弁護士会から声がかかっていましたので、私も夕方からお手伝いにいきました。区役所の保護係の方や社労士も応援にきていて、充実したメンバーでした。労働相談の方は聞いていてもだいたいわかりますが、生活保護の方はわからないことばかりでした。私は愛知県弁護士会がつくったQ&Aをお土産にもらってきました。

非正規の相談では派遣が多かったように思います。あらためて問題が多いことを実感しました。8時前には引き上げたので最終結果は聞いていませんが、たぶん100件を超えたと思います。弁護士のみなさんごくろうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

人間らしい働き方

今日は愛知県母親大会がつるまいプラザ(愛知県勤労会館)で開催されました。06

私は人間らしい働き方の分科会の助言者として参加しました。今年は会場の都合などで分科会の数が少なかったこともあり、70名以上の参加で用意した資料が足らなくなりました。

「母親」と名がつくように、自分のこともありますが、子どもの働き方が気になる方の参加が多かったようです。さらに戦後の運動で女性の権利をたたかいとってきた80代の元気な“大先輩”も参加されて活発な討論がつづきました。「一人の涙がみんなの涙に」という母親運動のお話はとても印象的でした。

女性たちが一番気になるのは若い人たちが11時、12時と夜遅くまで働く、働き方。先日厚生労働省が発表した労災の報告でも若い労働者の過労死や過労自殺が増えています。母親としてもっとも気になることです。

今年7月には日本母親大会が名古屋で開催されます。私もトヨタ過労死の内野博子さんと一緒に「働く」の分科会に参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

中国製餃子で生協の安全信頼は

COOPの中国製餃子が中毒事件をおこしています。被害にあった組合員には同じ生協関係者としてお詫びするばかりです。

元検査室職員のじゅんこさんとは毎日この問題で話をしています。どうしてもっと早い段階で農薬検査ができなかったのか。10月にコープあいづで異臭がしたときにはどう対応したのか。二人とも職場にいないのでマスコミ情報しかないので、憶測の域をでませんが、あれやこれや話はつきません。

同じ日生協の中国製餃子でもニチレイとJTと両方あることがわかりました。特に店舗では価格の安さが求められるので、「選ぶのは消費者」とされて他品種の品揃えが行われています。しかし、そこで生協の管理能力をこえているのではないでしょうか。coopビーフカレーの牛肉がこの天洋食品だったことなど把握していたのでしょうか?このあたりは加ト吉製の牛肉コロッケが実はミートホープのミンチを使っていたことと似通っています。

牛肉を売るときには原産国の表示義務がありますが、加工品には表示義務がほとんどありません。ニチレイとJT、生協としてどちらを選ぶかは決められない。十分な情報を提供しないまま「選ぶのは組合員」ってことになっていないでしょうか。問題の工場では解雇争議もあったようです。人為的なものだとすると食品検査では難しいかもしれません。

中日新聞では生協の安全に揺らぎが指摘されています。めいきん生協のような小型店では生協として、もっと厳しい基準で取り扱い範囲を設定することも必要ではないかと思います。商品担当にはぜひ、現場まで足を運び裏の裏まで見抜ける力をつけてほしいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)