2018年4月 5日 (木)

放送乗っ取り番組

Asa1804041_2

「米巨大メディア193局を統制」
シンクレア「一言一句変えてはならない」(→朝日4/4)

3月、全米の地方テレビ局のキャスターが一斉に同じ文言の「フェイクニュース批判」のメッセージを読み上げた。
メッセージは米国で最大の193局を保有するメディア企業「シンクレア」が読み上げるよう強制したものだった。
アメリカでは1987年に放送の「公平原則」義務を撤廃し一方的な報道をすることができる。さらにトランプ政権は1社が保有できる放送局数の規制を緩和した。その結果、企業が政権寄りの放送を各局に強制することができる。
DHCテレビがニュース女子
日本ではMXテレビのニュース女子が沖縄米軍ヘリパッド建設に反対する人たちを「テロリスト」と表現。「日当をもらっている」などと放送し、BPOから「重大な放送倫理違反」と厳しく批判された。この番組は化粧品大手DHCグループ傘下「DHCテレビジョン」が制作したものを放送局がそのまま流したものだった。
安倍政権が狙う放送法「改正」
安倍政権の規制改革推進会議WGは「公共性を規定する放送法4条の撤廃が焦点(中日4/5)」にしている。まさにアメリカでいま起こっていることが日本でも検討されている。
憲法「改正」国民投票で
安倍政権は憲法「改正」を狙っているが、国民投票では公選法の制限がなく、一方的な宣伝が可能になる。放送法が規制緩和されればCMだけでなく、企業が番組をつくってそのまま流すことも可能になる。「政権寄りのメディアを誕生させる狙いがあるのではないか」(中央省庁幹部)との声がある(↓中日4/5)

Chu1804052


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

新たな挑戦の年に

20171230_18_19_23新年明けましておめでとうございます。
今年は2月で62歳。いよいよ年金を受給できる年になりました。
愛労連の議長も2年延長し、世代交代が求められています。
次の時代にむけて私も新しいことに挑戦したいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

戦争法の目的はアメリカ・武器輸出・原発輸出

安倍首相がなぜ戦争法の成立を急いだのか。

12049700_896806850397172_10435247_2次々と暴露される米軍関係の資料によって、アメリカの要求であることが明らかになっています。

いっぽう国内では軍需産業と原発産業からの強い圧力があります。日本経団連が強行採決直前にだした「提言」では防衛予算の縮小が懸念されており、輸出拡大の要求が露骨にでています。今朝の中日(9/23)には、輸出した先が金を払えなくなった時には日本の税金で補填することまで決まっています。

10252062_889295124481678_7805365387

また、東芝の不正会計がニュースになっていますが、最大の問題である米原発メーカー(WH)購入の「のれん代」(将来の利益見込み)には踏み込んでいません。アメリカでは20年間原発がつくられていないので技術者がいません。東芝はアメリカのメーカーを買収して世界に売り込もうとした矢先に福島事故がおきて売れなくなってしまいました。いまトルコと契約中ですが、そのためには国内での再稼働がどうしても必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

名古屋の公明党が「戦争法」の呼び名に反論

Chu150916_2

昨日の名古屋市議会。日本共産党の藤井議員が「戦争法案を許してはいけない」と発言したことに対し、公明党が「偏った発言」で「公正中立な反論ができ」ないなどと批判した。

公明党と言えば愛知の創価学会員が戦争法案に反対する署名を公明党本部にもっていって門前払いされた経過がある。愛知の公明党議員も支持者から批判されておりピリピリしているのでしょう。

先日は山口代表が名古屋に来て平和の党を訴えたばかりだが、その山口代表が国会で質問した「ホルムズ海峡」問題はイランからあっさり否定されてしまいました。

信者からも市民からも追い詰められているのでしょう。

自民党は今日の特別委員会で強行採決をしようとしています。国会で、全国で反対の行動に結集して、戦争法案を廃案に追い込みましょう。

本日夕方は豊橋駅デッキ、名古屋栄スカイル前などで抗議行動が行われます。

名古屋駅西口噴水広場では18時半からSEALD's TOKAIが抗議行動を行います。私も見守りの「アザラシ隊」で参加します。

10405641_534454176717004_1247711685

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

名古屋の若者、学生、研究者も戦争法反対

11903827_862765557135294_2464189840

「Youth Demo! 0823戦争法案に反対する全国若者一斉行動inNAGOYA

主催 Demos Kratia@白川公園  16:00集会 16:30パレード

#戦争法案絶対反対#本当に止める...

11887836_924932804219861_8358152981

東海地方の学生・若者、市民、若手研究者緊急街宣
安保関連法案に反対する学者の会発起人・学習院大学教授、東京大学名誉教授・佐藤学
名古屋大学法学研究科教授・愛敬浩二ほか
8月23日(日)18時~ 名古屋駅・東口交番前
主催:安保法案に反対する東海学生有志/安保法案に反対する若手研究者・東海 @tokaiyouthact/@Antifa758

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

許すな!憲法違反

安倍内閣の憲法無視政治が広がっています。
自民党青年局の学習会では「反対するマスコミはつぶしてしまえ」という発言がどうどうと行われています。
沖縄で海保の暴力的な行動がネットで取り上げられましたが、国会周辺でも警察による不当な制限がかけられています。

愛知では14日に集団的自衛権行使の法律に反対する一万人アピールの記者会見を行います。

15_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月30日 (木)

祝!ベトナム戦争終結40年

40年前の今日、1975年4月30日、北ベトナム軍が南ベトナムのサイゴン(現ホーチミン)にあった米大使館(現統一会堂)に無血入城し、長く続いたベトナム戦争が終結した。
当時は大学二年生で翌日5月1日、赤旗の一面に大きな写真入りでサイゴン陥落、南ベトナム解放、ベトナム戦争終結が伝えられ大きな喜びにわいたことを覚えている。

Windows
北ベトナム軍の戦車がこの道をまっすぐきて門を突入したという。ホーチミンを訪れたときの統一会堂からの写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

順子さん当選!頑張ります!

12日投開票の愛知県会議員選挙、名古屋市会議員選挙で日本共産党は県議2議席を奪還し、市議では史上最高の12議席を獲得しました。守山区では順子さんが4位で当選、市会に返り咲きました。応援いただいたみなさん、たいへんありがとうございました。

1504112安倍首相が今国会を一ヶ月以上延期してでも戦争立法を成立させようとしています。市議選では「若者を戦場におくるな」「守山自衛隊を戦地に送らない」と訴えました。

11133794_1720420151518348_7537227_2
選挙中も自衛隊の訓練がとても多く、事務所の前を装甲車や特殊車両が連日列をなして通過。住宅での演説中に着陸の轟音で中断されることもしばしばでした。

公約の実現に全力

小中学校の給食費無料化、子どもの医療費無料化を18歳まで、75歳以上のお年寄り医療費無料化に取り組みます。高すぎる国保料の引き下げ、今年も大幅に値上げされた介護保険料の引き下げをめざします。

地下鉄駅のない守山区でJR・名鉄で敬老パスが使えるように取り組みを進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

新年あけましておめでとうございます

Nenga15

2月の県知事選と4月の名古屋市議選にむけて夫婦とも選挙漬けの年末年始ですが頑張りたいと思います。
安倍政権が改憲に暴走を加速させています。1月17日には愛知県弁護士会が大集会を開催します。愛知から大きな声を全国にひろげて改憲をSTOPさせましょう。

10881777_654516934658764_1551338196

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

改憲派減 脱原発増(中日12/16)

Chu1412162総選挙で自公がほぼ現状を維持できたことで安倍首相は浮かれているようだが、実際には自民党よりウルトラ右翼の「次世代」が壊滅し、共産党が躍進したことで改憲や原発再稼働をいう議員の数は30議席以上変わっている。さらに自民党のなかにも集団的自衛権や原発再稼働に反対する議員も少なくない。
 これは集団的自衛権や原発再稼働に反対する声が国民の多くに広がり、与党や民主党議員にもプレッシャーをかけてきたからだ、

周りが見えない安倍暴走

それにも関わらず浮かれる安倍首相は「改憲、再稼働も意欲」だという。全く周りが見えていないからだ。任期は2年のびたが、内閣支持率が下げ止まる保障はない。

Chu1412161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧